2013年10月1日火曜日

勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました

 正直、働く魔王さまの2番せんじかと思ったけど、全然そんなことはなくって面白かった。勇者になり損ねた主人公と魔王になり損ねたヒロインとのマジック家電ショップにおける異世界ファンタジーコメディという感じで中々楽しく読めていたのだけど、後半というか終盤になって一気に熱い展開になってきてどんどん面白くなっていった。主人公がヘタレでなくてちゃんと主人公しているのがよいね。
 設定も途中までは現代社会をファンタジーに置き換えただけという印象だったけど、終盤になってしっかり作者オリジナルなファンタジーしている設定も出てきて、その辺りでも評価は高い。
 あと店長が最強すぎる(色んな意味で)





 

0 件のコメント: