2013年10月10日木曜日

お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ (7)

著者 鈴木大輔

夏だ、海だ、とくれば連想するのは水着だけど水着はなかった。 
 ただ、別の意味でそれに変わる展開はあったのでOK。おにあいのヒロインズは揃いも揃って高スペックぞろいだけど、秋人はそれをも上回る高スペックであることに今更ながら気付かされる回だった。いや、ほんとうに有能すぎる。そうして、後半まさかの新展開へ。そうきたか。このことによって、今後彼らの人間関係がどう変わっていくのか楽しみ。 
 そう思わせておいて、何事もなかったかのようにハーレムを維持してしまう展開もこの作者だとありそうだけど、、、。



0 件のコメント: