2013年12月5日木曜日

蒼き鋼のアルペジオ (9)



 無茶苦茶おもしろかった。戦闘シーンはCGだし凄いんだけど、キャラの見せ方も最初の頃のような不自然さがなくなってきた。CGなんだけど、無機的な感じでなくキャラきちんと演技しているのが分かるのが凄い。戦闘中に金剛に頻繁にお茶会に呼ばれる展開には笑った。前回くらいから、いよいよ原作から離れてオリジナル展開が全開になってきたんだけど失速することなくどんどん面白くなっている。脚本がすごく良いんだろう。
 アニメはアドミラリティコードに従うことを至上とする金剛と、それだけでない可能性を発見したメンタルモデルとの攻防というのが主軸となっている、、、。らしいというのが今回よく分かった。
 いやもう本当に素晴らしいの一言に尽きる。


--
My Emacs Files At GitHub

0 件のコメント: