2014年1月8日水曜日

Windowsのリモートデスクトップからアクセス成功

 まず、Ubuntu側のVinoの設定を済ませておく。設定画面からデスクトップの共有を選んで、接続時に認証しないを選んでおく。
  Windows側からIPアドレスを指定して、リモートデスクトップでアクセス。接続時にモードを console を選んでVino側で設定したパスワードを入力してログイン。これだけで使えた。キーマップも_キーが入力できない以外は特に問題なく日本語入力できる。

0 件のコメント: