2014年4月17日木曜日

Opteron3280

 中古で比較的安くゲットした。といっても、一時期みたいに新品で10000円切るなんていう価格ではなかったけれども。
今度の休みに換装する予定。
PhenomⅡ X4 905eが1万円くらいで、これも中古だけど出ていてそちらと迷った。どちらもTDPは65W。けど、物理8コアというロマンに負けてOpteronを選んでしまった。変な話だけど、AMDのアーキテクチャの場合、コア単体の性能だとPhenomⅡとかのK10の方が後発のBulldozerよりも性能が良い。ゲームなんかだと素直にPhenom Ⅱ買っとけ、もしくはTDP95ワットの最新のFXにした方が幸せになれるらしい。
 僕の用途としてはミラーレス一眼のRAW現像とDTM(まだまだ勉強中)ということになる。
各所のレビューを読むと、Opteron3280は瞬発力はないものの、8コアのおかげか、延々と負荷の掛かる状況には強いらしい。
 RAW現像はともかくDTMで複数のプラグインを立ち上げた状態で曲を再生し続けるという状況には強いかも?
 という憶測もあってこちらをチョイス。
 まぁ、MX130 S2というハードにこだわらなければ、素直にCore i5のデルかショップブランドのPCを買っておけっていう話だけど、、、。

0 件のコメント: