2016年2月24日水曜日

ヨーロッパ思想入門


 一神教の宗教と哲学は似ている。ともに唯一の絶対的なものを追いかけるという一点において。
 宗教(一神教)は信仰によって真理へと至る。哲学は思索と理性によって真理へと至る。

 宗教は世界中で発生した。しかし、哲学はギリシャ人がいなければ存在しなかったと言ってよいとおもう。その一点において古代ギリシャ人は本当に偉大であったとおもう。
 真理というものが世の中にはあり、人は理性と思索によってそこに限りなく近づくことができるというのが、そもそもの哲学の出発点だと思う。
 これは全ての自然科学の基礎となっている。
 現代人、特に先進国の人々の進行よりも理性や合理性を重んじる考えも元をたどればギリシャの哲学に端を発する。
 というようなことを本書を読んで考えた。


0 件のコメント: